続・宝塚歌劇団の発表について思うこと

本日11時ごろから宝塚歌劇団の会見が行われました。

新聞各紙(スポーツ紙含む)が報じております。

しかし、大阪芸能記者会が開催を要請によるもの。

自分から出す気はないように受け止めることもできます。

対策についてはそれなりに言うのですが、いつも

原因を明らかにしないですよね。

各紙報道が出ておりますが、

少し気になったのは、スポニチ記事です。

【30日は新人公演の稽古初日だった。】と記している点。

他の新聞記事にそのような記載は見られません。

これは、私の憶測ですので、それをご理解頂いたうえで

お読みいただきたいのですが、

わざわざ書いているということは

この新人公演稽古が始まることに何かあったのでは?

そこに対する苦悩などがあったのではないかということです。

過去のいじめに関する有無についても、周りに聞いたところで

【ない】と答えるだけでしょう。

とても下級生が【あった】と言えるわけないでしょう。

きっと、亡くなったこの方は周りに相談できる

環境ではなく、孤立してしまっていたのだろうと思います。

独りで悩みに悩んでしまったのでしょう。

残念でなりません。

劇団がどう取り組んでいくのか見守りたいと思います。

重ねてですが、あくまでこれは個人の私見です。

関連記事

  1. そんなに急いでどうするの?

  2. あなたの欲しいものは何ですか?

  3. 【やきそばうえだ】!

  4. 宝塚歌劇団の発表について思うこと

  5. パワハラから抜け出す方法3つ

  6. そんなに自分を痛めつけないで!