パワハラから抜け出す方法3つ

①一人で悩まないこと

②証拠集めを欠かさないこと

③自分が主役であることを忘れない

一人で悩まないこと

私もトップから無視をされたり、罵声を浴びたり

会社に行ったら帰れと言われたなんていう経験をしてきました。

その時は周りがいつでも励ましてくれました。

その時に励まされたときに言われたのが

【今日も笑顔だよ!】という言葉でした。

なかなかそんなにすぐに笑顔でいることはできませんでした。

通勤も苦しくて、笑顔とは程遠い状態。

だけど、いつも励ましてくれるそれだけで嬉しかったです。

そんな日が2週間経ったころ、ふと寝る前に思ったのです。

【明日1日、何をされても何を言われても気にしない。何も考えざ笑顔でいよう】と。

全く理事長のことなど気にしない。

開き直れるときがありました。

ある意味無視していました。

そんな日を2日、3日と過ごしているとこれまでの仕打ちがなくなっていきました。

そんなある日、理事長が【おまえすごいな】と言ってきました。

心の中ではお前が何を言ってるんだと思いながらも、

笑顔で「ありがとうございます」といってやりました。

相手は下を向いている私がうれしいのです。

へこんでいる私をみて喜んでいるのです相手は。

でも、笑顔でいられたら、相手は面白くないわけです。

②証拠集めを欠かさないこと

ハラスメント、特に暴力行為があるのなら、いつでも携帯を録音状態にしておきましょう。

証拠集めはかかせません。

コツコツと証拠を集めて、日常的にハラスメントがあるということを

いつでも出せるように準備しましょう。

録音、記録(日時、誰が、どうやって、場所、どう抵抗したかなど事細かにしておきましょう)

どう抵抗したかというのは、抵抗したという意志があることを明確にするためです。

抵抗していないと、変な話ですが、抵抗の意思がないと思われかねないためです。

自分に有利な状況を作りましょう。

③自分が主役であることを忘れない

一番最後に書きましたが、これが何よりも大事です。

誰かの言葉に、自分がへこむ。

それをきっかけに自分が自分にダメ出しをしてしまう。

それが一番やってはいけないこと。

自分を守ることができるのは自分しかいない!のです。

どんなことがあっても自分だけは自分を味方してあげてください。

いつでもやめる準備をして、準備ができたら笑って笑顔で去っていきましょう!

新しい人生が開けますよ!

関連記事

  1. 【やきそばうえだ】!

  2. あなたの欲しいものは何ですか?

  3. 続・宝塚歌劇団の発表について思うこと

  4. 宝塚歌劇団の発表について思うこと

  5. そんなに急いでどうするの?

  6. そんなに自分を痛めつけないで!