しんどいときの心の持って行き方

先日のブログでも書きましたが、

今私は原因不明の病で外出がほぼできません。

歩くこともままならない、まっすぐに

立つことさえもできません。

こんなお天気のいいしかも3連休で

自由に動ける人が羨ましくも思いそうです。

ですが、私自身幸いにして心は問題ありません。

自分のメンタルを鍛えておいてよかったと

思うのですが、やはりネガティブな方に

引っ張られそうです。

この今の状態を私は必要以上に怖がっていません。

例えば、この病はこうなって、ああなって、

きっとこうなるから・・・といった悪い方への

妄想はしませんというかできません。

今、自分ができる範囲の事、例えば、こうして

ブログをゆっかりと書けるのも今だから。

独りなら、辛くなりそうになったら、こうやってブログを書いて

違うことに意識を向ける。

テレビを見る、本を読む、昼寝する

近くに誰かいるのなら、分かち合う。

話しを聴いてもらう。

先程、妄想できないと書きましたが、自分の

ネガティブな要素がなくなってくると頭の中の

妄想はしようと思ってもできなくなるのです。

一番は自分のネガティブな感情をきれいにすることですが、

いきなりすぐにできるわけではありません。

ポイントは感情を入れすぎないこと。

ただ、今身体が動かないだけ。

ただ、歩けないだけ。

そこに感情を挟むと辛い、しんどいとなってしまうわけです。

大切なことは、

今の状態を客観視すること。

今の現実を受け入れること。

それを踏まえて、

できることをできる範囲で行うこと。

だと私は考えております。

NGなのは、独りで抱え込んでなにもSOSを出さないことですよ!

関連記事

  1. Seeds of Hopeを創ったわけ

  2. ネガティブな感情の取り扱い方

  3. 本当に欲しいものの正体

  4. 自分の好きを知る

  5. 私の人生①

  6. 誰でもできる発想の転換方法

  7. 私の歴史

  8. 【訃報】悲しすぎます